Diversified Precision Products社の作業用レストブレードは長持ちする芯なし研削盤工具を選ぶ際、正しい選択となるでしょう。貴社の成功と評判は適切なレストブレードの選択にかかっていることを理解しています。

その選択をより簡単にする、シームレスなタングステン炭素が先端についた最長94cmの鋼製ブレードが作成できるろう付け誘導ステーションがあります。ブレードがシームレスであれば、ろう付けの接続部にすり切れ個所ができることもなく、ブレードの交換や修繕の間にパーツが多いということです。結果として、価値の高い仕様に即して作られた作業用レストブレードができあがります。

弊社の最先端製造技術と品質プロセスにより、以下が可能となります。

  • 最長94cmのシームレスなタングステン炭素が先端についた通しブレード
  • I研磨段階交差が±.127mmの切り込みブレード
  • ブレードの寿命が長く、収益増加
  • 精密グラウンドカーバイドまたはセラミックの接触面

Diversified Precision Products社では標準ブレードサイズを在庫に備えており、特殊サイズは仕様をいただければ、リクエストに応じて供給できます。

work-rest-blade
work-rest-blade3
work-rest-blade2

オーダーメイドの作業用レストブレード

Diversified Precision Products社ではオーダーメイドの作業用レストブレードの製造では業界リーダーです。仕様に即して通しブレードと切り込みブレードを製造いたします。

シームレス超硬チップの付いた最長94cmの通しブレードを作成します。切り込みブレードは研磨段階交差±.127mmが可能で、 細かな交差のパーツでも研磨できます。作業用レストブレードのカーバイドもしくはセラミックの接触面は精密仕上げを期しており、すべての素材が質の高いパーツとなります。

新規パーツの備え付けなら、貴社と協力して芯なし研削盤作業のレストブレードをエンジニアリングいたします。

世界網の積荷

 

tools
引用を要求
video
Content © Diversified Precision Products | Part of the Rooted Pixels Network